Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(): Failed opening '/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.4/lib/php') in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74
あなたは収入源を逃している?Adsense2次審査後にやるべきこと|Adsenseを賢く・楽に運用する方法 – Androidアプリつくったった

あなたは収入源を逃している?Adsense2次審査後にやるべきこと|Adsenseを賢く・楽に運用する方法

howtopassadsense

あなたは収入源を逃している?Adsense2次審査後にやるべきこと

先月、7月22日に『adsense2次審査をwordpressで通過について最低限知っておくべき3つのこと
を投稿してから早一ヶ月

▼ Adsenseの管理画面にこんな内容の通知が来ました。

” お客様の広告は、承認していないウェブサイトに最近表示されました。収益の損失を防ぐには、
アカウント設定にアクセスして、広告を表示するサイトを承認してください。        ”

アドセンス狩り対策の落とし穴|思わぬ収入源を

『広告の表示を許可したサイト』には含まれていないので
不許可サイトとしてはじかれただけで終わったよかった~と思っていましたが・・・

▼ 不許可サイトに捉えられているサイトURLを恐る恐るみてみると

『 webcache.googleusercontent.com 』
『 translate.googleusercontent.com 』
 ・・・
あれどちらもGoogleじゃないですか。(ビビりなのでwhois情報できちんとGoogleのものである事を確認)
しかも、二つ目は、翻訳・・・翻訳?! !!

translate.googleusercontent.com を許可サイトにしてない。= 海外の広告収入を取り逃してたという事です

アドセンス狩りを恐れてブロックした結果、思わぬ収入源を逃していました。

ちなみに『webcache.googleusercontent.com』の方はGoogleのキャッシュ用ホストです。
こちらも許可して大丈夫でしょう。(私は許可サイトに加えました。)

▼  <用語: アドセンス狩りとは >
ソースからアドセンスコードを抜いて(要するにソースを見てjavascriptをコピペ)
規約違反となるようなサイトに広告を勝手に貼りつけアドセンスのアカウントを停止させることです。
身に覚えもなくアカウント停止となります。

対策は2つあります。

① ソースを見られないように右クリック不可にしてしまう

そもそも、ソースを見られないように右クリック不可にしてしまうのも手です。
私は、みなさんにソースを公開していたりするのでこの設定はしていません。

パターン1
メッセージで右クリックはできないよと教えてあげるパターンです。

<body oncontextmenu="alert('右クリック無理ぽ');return false">

パターン2
メッセージなしでシンプルにHTMLのみ(javascript切られても右クリック不可)

<body oncontextmenu='return false'> 

※おまけ~画像で右クリック不可にする方法

<img src="画像のパス" oncontextmenu="alert('右クリックは禁止です');return false" />

② 広告の表示を許可したサイトの設定する

全く設定しなければいつ狩られるか分かりません。
設定は必ずやりましょう。

設定方法:
① アドセンスの管理画面に入ります。
② 左サイド『アカウント設定』します。
③ 『広告の表示を許可したサイトの編集』をクリックします。
④ http://を除いた自分の許可サイトを記載し保存します。
 ※『 / 』が入らないので注意

PIN?の通知

またもや真っ赤な通知が・・

” お客様の収益が、確認の基準額に達しました。このため、アカウントの確認の手続きを開始いたしました。
これにより、 収益がお支払い基準額に達しましたら、最初のお支払いを受け取りに備えていただけます。

アカウントを確認するために、 Google では、自動的に個人識別番号(PIN)を生成して、
アカウントに登録されているお支払い先の住所にお送りします。PIN をお受け取りになりましたら、
このページの下部にそれを入力する必要があります。
手続きを行なうまでの間もお客様のアカウントは引き続き有効で、広告を表示して収益を獲得いただけます。 ”

なんだ普通の手続きじゃないか、赤で表示するなよ・・寿命5秒ぐらい縮んだかもしれません。

ただその後、さらっと怖い文言が書いてあったりします。


” PIN を 3 回間違えて入力すると、広告の配信やアカウントへのアクセスが停止されます。 ”

銀行口座も5回間違えると止められますが、Adsenseは再申請は絶望的である以上
無駄に緊張しそうです。

これで大丈夫なのか?と思ったこと

デポジットの確認を放置しておくと
未入金額としてバッチリ表示されています。

まさかと思って入力してみると

『 通ったった・・・ 』

おいおい

ちゃんと確認せんでもAdsenseの管理画面にさえ入れたら
勝手に運用開始されたりするのか
これで大丈夫なのだろうか。

Googleアカウントのパスを強化するなどなど
できることはやるべきだと思います。

Google AnalyticsとGoogle AdSenseを統合(リンク)する方法

連携するとどのページでいつ押されたのかが分かるのでこの設定も
やっておくと収益分析が捗ります。

設定手順
① Adsense管理画面のサマリーページの右側にある「Google アナリティクスと統合(リンク)」をクリックします
② アナリティクス アカウントからプロファイルを選択する画面になります。
 ( タイトルは 『アカウント設定 >Google アナリティクスとの統合』 となっています)
 『AdSense アカウントに同時にリンクできる Google アナリティクス アカウントは 1 つのみです。』
  なんて出ています。1つ選択してクリックするとアナリティクスの画面に遷移します。
③ ホーム画面の右上にある「アナリティクス設定(ナビボタン)」をクリックします。
④ 左下に『Adsenseリンク設定』と出ているのでココをクリックします(下のキャプチャ参考)
アナリティクス設定画面
⑤ アカウントをリンクをクリックします。
⑥ 以下の画面の『この AdSense アカウントとリンクするアナリティクス プロファイルを選択してください。』の部分の
  プルダウンから設定対象を選択してください。(最初ココが分かりにくかったです。)
プロファイル設定

  
コンテンツのAdsenseの画面が開けば、設定は無事完了です。

Adwords,ウェブマスターツール,アナリティクスとわざと機能を
完全しないようにしてサービス利用へ巻き込むとは
さすがGoogleはやり方がうまいなぁと思います。

以上です。

参考になれば幸いです。

▼ 関連記事・最近の投稿は記事の下にあります。コチラもご参考ください。


About the Author

dhmo
Author:DHMO(ディベロッパー名) 仕事では自社サービス・メディアの開発を行ってます。 趣味でAndroidアプリ製作を行っています。 カラオケではランキングバトルにはまっております。 Mail: dihydromooxide7@gmail.com 

Be the first to comment on "あなたは収入源を逃している?Adsense2次審査後にやるべきこと|Adsenseを賢く・楽に運用する方法"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*