Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(): Failed opening '/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.4/lib/php') in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74
adsense2次審査をwordpressで通過について最低限知っておくべき3つのこと – Androidアプリつくったった

adsense2次審査をwordpressで通過について最低限知っておくべき3つのこと

howtopassadsense

◇adsense2次審査をwordpressで通過について最低限知っておくべき3つのこと

Adsense審査についてやたらと誤解が多い記述があったので最低限知っておきたいことと
題して記事にしました。後半では本当に必要な審査のポイントや方法について紹介していきます。
  
①画像やリンク、動画は貼らない方がいい
→ このブログにはたくさんの画像やリンクが貼ってありますが問題ありませんでした。
  
②チャレンジデポジットの確認がないと進まない
→ 実はこの記事を書いている7月21日時点でもまだ確認してません。
  
③技術系のブログは落ちるから日記にした方がいい
→ このブログは日記ではなく提供情報にしっかり責任を持つため技術系のブログとしています。
  
私は良いコンテンツにするために画像、動画、参考リンクを提供しているので
2次審査が終わるまでは絶対に画像や動画、外部へのリンクは貼らないでください。
と多くの記事に書いてありますが理解できませんでした。
②についてもコンテンツの善し悪しには関係ない事項なので審査には案の上関係ありませんでした。
③についても技術系のブログでよく検証もしていないコピー&ペーストの記事や参照元の書いていない記事が
多いのでそれが原因ではないかと想像しています。
  
実は私自身、規約の為に過去のコンテンツの内容を変更する気はありませんでした。
私の考えを集約すると『記事の内容はAdsenseの規約を順守していれば申し込む』
というのもAdsenseだけがすべてではないからです。
広告はほかにもありますし、記事に残すことによる私自身への便益、
皆さんからいただくフィードバック、コメントからいただく便益
そういったものの方が大きいです。
今回、Adsenseへの申請も知り合いの審査前に検証するため請け負ったものです。
審査通過の報告ができて本当に良かったです。
  
次に審査通過に向け実際に対応させた部分や便利なツールなどについて紹介します。

1次審査前にやっておいたこと

①運用者情報を載せること
お世話になったプラグインは以下の2つです。
Featured Authors Widget
VK Post Author Display
コチラはどちらかというとユーザビリティー向上の為に入れています。
記事の最後に入っている。『この記事を書いた人 – Author Profile -』の部分です。
このプラグインについてはこの記事がとても参考になりました。
  
※リンクチェックのプラグインが入ってない方は『Broken Link Checker』を入れることをお勧めします。
バックエンドから一目でわかるので便利です。
スマートフォンからチェックできる体制を作っていました。
  
②審査要件にあっているかGoogleの公式のガイドラインを読む
公式ページを中心に調べました。信憑性を検証して時間を使うことを
考えるとこちらの方が効率が良いからです。
  
コンテンツについてはコチラの公式ページを確認
全般的なルールについてはコチラ

1次審査から2次審査に向けてやっておいたこと

以下三つを行ってました。
①広告を張る(設置する)こと
私の場合、ライトグリーンの長方形が出ていました。
②リンク切れをしっかり監視すること
一度2カ所もリンク切れを起こしたのでその日のうちに修正しました。
これで落ちたらどうしようと無駄に焦っていました。
③毎日更新すること
wordpressで非公開にしていても新規投稿を押した日になるので
別の所に記事に書く内容を書き溜めていました。
  
1次審査・2次審査通過するまでの作業と時系列です。
  
7月16日 18:00
Adsenseのアカウント作成
  
7月16日 19:54
一次審査通過のお知らせ
【Google AdSense】 お申し込み結果のお知らせ
この度、お客様のお申込みが 1 次審査を通過いたしましたので、お知らせします。
2 次審査に進んでいただくため、AdSense 管理画面にログインし、
お客様のサイト http://android-apps.at-virtual.com/dhmo/ に広告コードを追加してください。
・・・・・
  
7月17日 3:17
Adsenseの広告を設定完了
  
7月19日 10:46
【Google AdSense】 お申し込み結果のお知らせ
Google AdSense にお申込みいただきありがとうございます。
2 次審査が完了し、これをもちまして、お申込みの審査は全て完了いたしました。
48 時間以内には広告の表示が開始されます。
  
結果
1次審査 1時間54分
2次審査 2日7時間29分

  
Googleさん仕事が早いです。
  
※追記:アドセンス狩り対策はしっかりやりましょう。
ソースからアドセンスコードを抜いて
アドセンスのアカウントを停止させることです。
(規約違反となるようなサイトに広告を勝手に貼りつけられれば
身に覚えもなくアカウント停止になります。)

  
設定方法:
  アドセンスの管理画面
→ 左サイド『アカウント設定』
→ 『広告の表示を許可したサイトの編集』をクリック
→ http://を除いた自分の許可サイトを記載し保存
※『 / 』が入らないので注意
  

アフェリエイトと確定申告について

以下の2つどちらかに当てはまる人は確定申告の必要があります。

1.アフィリエイトの年間所得が20万円超の給与所得者
2.アフィリエイトの年間所得が38万円超(専業主婦などでアフィリエイトの収入のみの場合)

※2について所得が20万円以下で上記にあてはまらない場合でも住宅ローン控除の1年目や、
医療費控除などで確定申告を行う場合には、全ての所得を申告する必要があります。

確定申告は『所得』を申告します。
そのため、まず、収入と所得の違いについて知っている必要があります。
所得とは、収入(アフィリエイトの総収入)から必要経費を引いたもので、
課税の対象となるものです。
必要経費が多ければその分所得が少なくなるので、課税額も少なくなります。

以上です。
  
参考になれば幸いです。

▼ 関連記事・最近の投稿は記事の下にあります。コチラもご参考ください。


About the Author

dhmo
Author:DHMO(ディベロッパー名) 仕事では自社サービス・メディアの開発を行ってます。 趣味でAndroidアプリ製作を行っています。 カラオケではランキングバトルにはまっております。 Mail: dihydromooxide7@gmail.com 

Be the first to comment on "adsense2次審査をwordpressで通過について最低限知っておくべき3つのこと"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*