Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(): Failed opening '/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.4/lib/php') in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74
Adsense非承認(アボセンス)を防ぐプラグイン作ってみた|管理者だけ記事中からAdsense広告を消せるプラグイン – Androidアプリつくったった

Adsense非承認(アボセンス)を防ぐプラグイン作ってみた|管理者だけ記事中からAdsense広告を消せるプラグイン

GoogleAdsensePlugin

Adsense非承認(アボセンス)を防ぐプラグイン作ってみた|管理者だけ記事中からAdsenseを消せるプラグイン

前々からプラグインの自作をいつかやってみたいと思っていたが
手始めにちょうどいいプラグインが思いつかずにいた。
Adsenseの申し込みがいいきっかけとなった。

アボセンス、みなさんはご存知だろうか?
たったワンクリックあやまってクリックしただけで
Adsenseは同じアカウントの申請を受け付けないと言われています

(実際は数百回に一回なら見逃しているらしいが・・)

そこで作成したのがAdsense Filterです。

Adsense Filterについて

正確には
サイト管理者が記事中の広告を誤って踏まないよう
ログイン人がサイトを見ているときは
指定箇所を表示しないようにするプラグインです。

[ adsense ]~[ /adsense ]の部分に広告を出さず
ログインしてないユーザは
[ adsense ]~[ /adsense ]の部分に広告出すことができます。

▼ 設定の方法
① タグを記事中に貼る。
② プラグイン有効化(有効化したらそのままでOK)

完了です。
※タグ書くとこの記事上でも表示が消えてしまうので
タグについてはプラグイン一覧上での説明をご覧ください。

▼ ダウンロード 下のボタンをクリックするとダウンロードできます。
[wpdm_file id=2]

① ダウンロード後、WordPress管理画面(ダッシュボード)の左メニュー
「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

② プラグインのインストール画面が表示されたら、「アップロード」をクリックします。

③ 【参照】ボタンをクリックし、プラグインのZIPフォルダ(adsense-filter.zip)を選択したら、
  【開く】をクリックします。

④ 【いますぐインストール】ボタンをクリックすると、インストールが開始されます。

⑤  以下の画面が出たら無事完了です。最後に準備ができたら有効化しましょう。

install-finish

▼ adsense-filterの活用法

実はタグに囲みさえすれば、ログインユーザには不要な部分は
すべて消すことができます。
会員入会のボタンなど、会員サイトなどに導入してみるのも
有効かと思います。

もう少ししっかりとしたプラグインができたら
WordPress公式のサイトにも掲載したいと思います。

コラム ~初期プラグインで勉強しよう~
WordPressに初めから入っているプラグイン『Hello Dolly 』は、
世界で最初の WordPress 公式プラグインだそうです。

効果:
管理画面上で、更新したり他のページを見に行くたびに
ランダムで歌詞の一部が表示されます。

非常にシンプルなプログラムなので
いい勉強の機会と思って、
”使わないから削除”の前にソースを見てみましょう。

解説
おおまかには、定義した歌詞(文字列)を改行区切りで配列に突っ込んで
ランダム関数で呼び出し(配列は0から始まるので1引いています)
体裁を整えて(dolly_css()のところ)表示といった流れです。

以下がソース(プラグインの編集からご覧になれます。)

/**
 * @package Hello_Dolly
 * @version 1.6
 */
/*
Plugin Name: Hello Dolly
Plugin URI: http://wordpress.org/extend/plugins/hello-dolly/
Description: This is not just a plugin, it symbolizes the hope and enthusiasm of an entire generation summed up in two words sung most famously by Louis Armstrong: Hello, Dolly. When activated you will randomly see a lyric from <cite>Hello, Dolly</cite> in the upper right of your admin screen on every page.
Author: Matt Mullenweg
Version: 1.6
Author URI: http://ma.tt/
*/

function hello_dolly_get_lyric() {
    /** These are the lyrics to Hello Dolly */
    $lyrics = "Hello, Dolly
Well, hello, Dolly
It's so nice to have you back where you belong
You're lookin' swell, Dolly
I can tell, Dolly
You're still glowin', you're still crowin'
You're still goin' strong
We feel the room swayin'
While the band's playin'
One of your old favourite songs from way back when
So, take her wrap, fellas
Find her an empty lap, fellas
Dolly'll never go away again
Hello, Dolly
Well, hello, Dolly
It's so nice to have you back where you belong
You're lookin' swell, Dolly
I can tell, Dolly
You're still glowin', you're still crowin'
You're still goin' strong
We feel the room swayin'
While the band's playin'
One of your old favourite songs from way back when
Golly, gee, fellas
Find her a vacant knee, fellas
Dolly'll never go away
Dolly'll never go away
Dolly'll never go away again";

    // Here we split it into lines
    $lyrics = explode( "\n", $lyrics );

    // And then randomly choose a line
    return wptexturize( $lyrics[ mt_rand( 0, count( $lyrics ) - 1 ) ] );
}

// This just echoes the chosen line, we'll position it later
function hello_dolly() {
    $chosen = hello_dolly_get_lyric();
    echo "<p id='dolly'>$chosen</p>";
}

// Now we set that function up to execute when the admin_notices action is called
add_action( 'admin_notices', 'hello_dolly' );

// We need some CSS to position the paragraph
function dolly_css() {
    // This makes sure that the positioning is also good for right-to-left languages
    $x = is_rtl() ? 'left' : 'right';

    echo "
    <style type='text/css'>
    #dolly {
        float: $x;
        padding-$x: 15px;
        padding-top: 5px;
        margin: 0;
        font-size: 11px;
    }
    </style>
    ";
}

add_action( 'admin_head', 'dolly_css' );

add_actionとadd_filterをしっかり理解すれば、
皆さんも簡単にプラグイン作成ができます。

ぜひ挑戦してみてください。

▼ 自作プラグインが既にWordpress.orgに登録してOKなレベルの方は
以下のサイトで紹介されている方法で申請可能です。
ご参考くださいませ。

WordPress.orgのプラグインディレクトリに自作プラグインを登録する方法

以上です。

参考になれば幸いです。

▼ 関連記事・最近の投稿は記事の下にあります。コチラもご参考ください。


About the Author

dhmo
Author:DHMO(ディベロッパー名) 仕事では自社サービス・メディアの開発を行ってます。 趣味でAndroidアプリ製作を行っています。 カラオケではランキングバトルにはまっております。 Mail: dihydromooxide7@gmail.com 

Be the first to comment on "Adsense非承認(アボセンス)を防ぐプラグイン作ってみた|管理者だけ記事中からAdsense広告を消せるプラグイン"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*