Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(): Failed opening '/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.4/lib/php') in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74
【SEO】『ダメなアドバイス程、良さ気に聞こえる』|WebのプロとしてSEO都市伝説に騙されないようにしよう。 – Androidアプリつくったった

【SEO】『ダメなアドバイス程、良さ気に聞こえる』|WebのプロとしてSEO都市伝説に騙されないようにしよう。

ranking-backlinks

日本の検索結果ってどうも汚いままな気がします。

Bad Advice That Sounds Goodを読んで考えさせられました。
 
▼ 今回は、IT業者を謳う人間の常套句と実際について伝えたい事を書いてみました。
ご参考になれば幸いです。
 

良質なコンテンツって?

『努力に重要なのは、その量ではなく、方向性だ』
これはWebの世界でも変わりません。
 
アドバイスが『良質のコンテンツ』を付くりましょうでは
『人生変えれば良くなる』といっている業者と大差ありません。
 

良質のコンテンツを作ろう。           → ×
ターゲットの期待する情報を最適な形で共有しよう → ○

 
 

もともとYahooやGoogleはアルゴリズムを公開されていない。

GoogleやYahooにとって検索アルゴリズムは何を意味するのか。
 
※検索アルゴリズム・・・・・検索順位づけの仕組み
 

検索アルゴリズムを理解している我々にお任せください → ×
これはスパム扱いされる可能性があります。手を打ちましょう→○

YahooやGoogleが公開している情報は、検索順位の質を下げる『スパム』はこのアルゴリズムで対策されますよ。とアナウンスしているだけです。検索順位による格付けこそ、両者の価値ですから公開する訳がありません。
手品の種を明かしてから、手品をされても手品自身の価値はなくなってしまいますよね。
 
▼ SEOの都市伝説についてもGoogleは把握しています。
 
以下は、
難しい英語は出てきませんので読んでみることをお勧めします。

 
▼ どうしても英語アレルギーがという方はおおまかな内容を『日本語』で載せましたのでご参照ください。
 

1.重複コンテンツはペナルティを受ける

これもよく聞きますがNOです。
Googleは、上手に重複コンテンツを無視し
コピーしたスパムコンテンツは見つけ出します。
普通にかぶってしまったぐらいでは
全く気にする必要がありません。
 

2.HTMLとXHTMLを混在させると認証を損なう

Googleウェブマスターツールは、ウェブページのコードや
ドキュメントタイプにかかわらず、どちらの確認メタタグも受け付けます。
 

<meta name="verify-v1" content="android=" />
<META NAME="verify-v1" content="android=">

 
上記、どちらでも問題ないということです。
 

3.1,000個の検索エンジンや登録サイトに登録するのは重要だ

結論『やめましょう。』
ディレクトリ登録なども含めてです。
何万円するyahooのディレクトリ登録も同様です。
 
きちんとしたコンテンツを作ると勝手にYahooカテゴリも登録してくれます。
モンハンのサイトは気付いたら登録されていましたww

 
業者に頼むといつ爆発するか分からないスパムリンクを大量に貼られます。
はがすもの一苦労なのでそもそもやめましょう。
 

4.AdWord、AdSense、Analyticsに参加するとサイトの評価が上がる、または下がる

 
これもNOです。
 
ただ、Adsenseに参加できるサイトは少なくとも
スパムなサイトの扱いではないことが確認可能です。
 

5.重要なキーワードを、重要なページの重要な場所に繰り返すのが重要だ。そうすれば、重要なサーチエンジンに、より重要だと見てもらえる。

 
これが違うことはさすがに常識化してきました。
 
スライドの中の引用を書くと

お願いだから、コンテンツにキーワードを詰め込まないでくれ
最適な「キーワード密度」なんてものはない
ユーザーのために、自然に書く
あまりにも数が多すぎると、ユーザーの気が散ってしまう
かといって、本当に伝えたいことを隠さないように

Googleさんからお願いされるまでもなく
そんなコンテンツばかりになったらWebも終わりですからね。
 

6.XMLサイトマップを使うと順位が下がる

間違いです。どうしてこうなったかは謎ですが・・
 
『XMLサイトマップは役に立つ』が正解です。
サーチエンジンがサイトのコンテンツを知る手助けをします。
 

7.PageRankは死んでいる/PageRankがすべてだ

 
PageRankはリンクの質と量を測る指標です。
Googleの200以上の順位要素の1つです。
 
これがそんなに重きを置かれていると
Webから新サービスが生まれずスパムがやりたい放題になります。
 
とはいえPageRankの高いサイトは評価要素として
しっかり存在します。勝手に殺さないでください。
 

8.定期的にサイトを登録しなおすのは必須だ

違います。この謎行為は、
明らかに『登録』や『クロール』が分かっていない可能性を示唆します。
 
再度サイト登録してもクローリング、インデクシング、ランキングは変わりません。
一度知ったURLはこちらのコントロールを離れます。
 

9.いったん上位表示されたら、なにもいじるな

コンテンツを評価した理由は情報の再利用性があるからです。
 
更新の頻度や要不要はコンテンツによります。
更新がないことで価値が落ちたサイトはそれ相応の評価となります。
 

10.正しい(X)HTMLはサイトの順位を上げる

 
正しい(X)HTMLのサイトは5%以下です。
ブラウザは多少の壊れは吸収するようにできています。
見た目が崩れていれば、エンジンが評価するまでもなく、
利用者は離れていきます。
 

最後に : Webは魔法ではありません。

相手にしているのは人間です。
ITは、あくまでも現実の置き換えをしているだけで
常識が極端に違うことはありません。

 
現実に置き換えたら変なことはWebでも変なことです。
この考えが自然にできれば騙されることはありません。
 
以上です。
 

参考になれば幸いです。
 

▼ 関連記事・最近の投稿は記事の下にあります。コチラもご参考ください。

 

About the Author

dhmo
Author:DHMO(ディベロッパー名) 仕事では自社サービス・メディアの開発を行ってます。 趣味でAndroidアプリ製作を行っています。 カラオケではランキングバトルにはまっております。 Mail: dihydromooxide7@gmail.com 

Be the first to comment on "【SEO】『ダメなアドバイス程、良さ気に聞こえる』|WebのプロとしてSEO都市伝説に騙されないようにしよう。"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*