Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(): Failed opening '/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.4/lib/php') in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74
CakePHPに挑戦。 – Androidアプリつくったった

CakePHPに挑戦。

・WordPressでECサイトを作ったる

ECサイトを作るに便利なフレームワークはないかと調べると
CakePHPというものがあったので調べてみました。
おいしそうな名前の通り、他のフレームワーク(プログラムの雛型)のSymfonyや
ZendFrameworkに比べ仕組みがわかりやすく、きちんとMVCモデルがそろっているので
ECサイトの構築に向いていそうです。

さっそくインストールしました。
cakePHPのDownLoadはここから

ダウンロードしたら解凍後にファイル名を変更します。
(このファイル名がURLのパスになるので・・・)

xamppの下のhtdocsの下にこの名前変更後のファイルを置く
(ここではcakephpとファイル名を変更した)
xamppのadminとMySqlを起動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

http://localhost/cakephp/  ←緑の部分は変更したファイルの名前です。
へアクセスします。

もれなく赤くエラーが迎えてくれるので
こんな感じに書いてあるはずです↓

Notice (1024): Please change the value of ‘Security.salt’ in app/config/core.php to a salt value specific to your application
Notice (1024): Please change the value of ‘Security.cipherSeed’ in app/config/core.php to a numeric (digits only) seed value specific to your application [CORE\cake\libs\debugger.php, line 688]

なおしてみます。
htdocs\cakephp\app\Config\core.php
をメモ帳などで開きます。

Security.salt     をCtrl + F で検索
Configure::write(‘Security.salt’, ‘ここを書き換える’);

Security.cipherSeed をCtrl + F で検索
Configure::write(‘Security.cipherSeed’, ‘ここを書き換える’);

※途中で気が変わってもこの二つは変更すると面倒なことになるので
変更するのはやめときましょう。

このファイルをCtrl+Sで保存したら
再度
http://localhost/cakephp/
にアクセスします。

よし赤は消えました。

Controllerについてですが、

controllersと書いてあるものもあるが最新版には
そんなフォルダはないのでcontrolllerに入れる。

裏技だが

こんなパスにしたいと

http://localhost/cakephp/C01s/
cakePHPはエラーにこんな風に書くといいよと
教えてくるので、

 

 

 

 

 

 

 

それをコピペするだけで先に書いていけます。

ただpublic function index()内に
何もないとさびしいのでこんな感じに書くと

echo “”;
echo “Hello!CakePHP”;
echo “”

Hello!CakePHP

とでます。

新しい言語やるたびお約束過ぎのHello!○○
(本当に誰がはじめてしまったんだこれは)

ただこれがでるとなぜか安心感があります。

また研究が進んだら報告します。。

以上です。

参考になれば幸いです。

▼ 関連記事・最近の投稿は記事の下にあります。コチラもご参考ください。


About the Author

dhmo
Author:DHMO(ディベロッパー名) 仕事では自社サービス・メディアの開発を行ってます。 趣味でAndroidアプリ製作を行っています。 カラオケではランキングバトルにはまっております。 Mail: dihydromooxide7@gmail.com 

Be the first to comment on "CakePHPに挑戦。"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*