Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(): Failed opening '/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.4/lib/php') in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74
MapViewはJavaで入れる? XMLで入れる? – Androidアプリつくったった

MapViewはJavaで入れる? XMLで入れる?

つい最近までJava派だったが・・・

結論から言うと

  • シンプルに早く作りたいならJava
  • カスタマイズして色々いじりたい場合はXML

たぶん開発者によって感想は異なるとは思いますが…

Android Maps API Keyはとっていることを前提に話を進めます
もしとってないなんて場合はこのページの末に簡単な手順をまとめておきました↓
(検索してもたくさん出てますし開設の載っている本も多いですよ)

ソース的には

《 XML Version 》

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<com.google.android.maps.MapView
xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent"
android:apiKey="@string/my_api_key" />

Java側でのコーディング
@Override
 public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
 super.onCreate(savedInstanceState);
  setContentView(R.layout.mapview);
}
《Java Version 》

@Override

public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
  super.onCreate(savedInstanceState);
  MapView mapView = new MapView(this,
 getResources().getString(R.string.map_key));
 setContentView(mapView);
}

 

マップだけ出したいなら圧倒的にJavaの方が短いです。ZoomやGPSを実装させる分には格別違いはありません。ただウィジェットの配置などが複雑化してくるとソースがみるみるスパゲッティになるので、OverLayやSurfaceViewを駆使することになります。

実際いる苦労ならすべきですが、そこまでしてXMLを避ける理由はないので、XMLに書いた方がシンプルになるケースが多いです。

最近はしっかり管理しやすいソースを目指している(つもり)なのでXMLで書いていることが多いです。今度リリースするアプリはMapを使ったものを考えています。

※※※※※※※※  Mission 『 Maps API Key 』を取得せよ   ※※※※※※※※
0. Googleアカウントはもっておいてください
1.証明書のフィンガープリントを手に入れる
コマンドプロンプトを使います。(アクセサリ→コマンドプロンプト)
Javaのbinフォルダまで移動(cd 下の階層 で移動できます)
 eclipseの下にもjre/binがあるのでそちらでOK
keytool -list  -keystore “Keystoreまでのパス”でEnter
パスワードは何も入力せずにEnter
右クリックで範囲選択、そのあともう一度右クリックで
 コピーした扱いになります

こんな感じになります。

2.「Sign Up for the Android Maps API」にアクセス、
読ませる気のない同意欄にチェックを入れて
My certificate’s MD5 fingerprint:の後の空欄に
自分の環境の証明書のフィンガープリントをコピー&ペーストします。
3.  Generate API Key を押すとこんな感じになる。(UTF-8以外は文字化けします)


Key(鍵)なので、Keystrore同様に大切に扱ってくださいね☆

以上です。

参考になれば幸いです。

▼ 関連記事・最近の投稿は記事の下にあります。コチラもご参考ください。


About the Author

dhmo
Author:DHMO(ディベロッパー名) 仕事では自社サービス・メディアの開発を行ってます。 趣味でAndroidアプリ製作を行っています。 カラオケではランキングバトルにはまっております。 Mail: dihydromooxide7@gmail.com 

1 Comment on "MapViewはJavaで入れる? XMLで入れる?"

  1. どーん!!
    どーん!!
    タグが打てるコメントとは珍しいo┤*´Д`*├o

    XML便利だよ!

Leave a comment

Your email address will not be published.


*