Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(): Failed opening '/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.4/lib/php') in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74
【Android4.2】xperia z1fで開発者向けオプションを設定する意外な方法|設定用のアプリ公開しています。 – Androidアプリつくったった

【Android4.2】xperia z1fで開発者向けオプションを設定する意外な方法|設定用のアプリ公開しています。

android4.2開発者向け設定

Android4.2の開発者オプションは隠されている|USBデバッグ、提供元不明アプリ設定法

android 4.2 開発元不明のアプリ
この度、xperia z1f(Android4.2)買い替える事となりました。
というのもコアを独自にいじっている端末の代表がGALAXYとXPERIAなので
4.3見送りの件とXPERIAのNFC対応の関係からxperia z1fに決めました。
xperia z1f android 4.2 開発元不明のアプリ
早速、開発したアプリを突っ込むべく設定を開いてみると
端末Android4.2では開発者向けオプションが出ていません。
※私は見つけるのが面倒なので設定用のアプリを自分で作っていましたので
下記方法を無視してアプリで設定しました。(下記アプリです。USBデバッグの設定から設定画面にいけます。)
-アプリのダウンロードはコチラから
 

Android 4.2で『開発者向けオプション』を表示する手順

それではAndroid 4.2以上を搭載したXperiaスマートフォンで、『開発者向けオプション』を表示する手順を紹介します。
 
STEP1 設定 → 端末情報(一番下)を開きます  
STEP2 『ビルド番号』(これまた一番下)を『7回』タップします。
※端末情報はタブレット情報と記載される機種もあります。
 
実は、7回タップの方法は公式ドキュメントで紹介されています。
公式ドキュメントで確認したい方はコチラから

On devices running Android 4.2, developer options are hidden by default, helping to create a better experience for users. You can reveal the developer options at any time by tapping 7 times on Settings > About phone > Build number on any compatible Android device.

 
1回目、2回目は無反応ですが、
3回目から『ディベロッパーになるまであと4ステップです』・・と回数が表示され
 
7回目に『あなたは今開発者になりました。』
これで開発者向けオプションが表示されるようになります。
 
今や画面を7回タップするだけで開発者になれるようです。
7回の根拠は『package com.android.settings;』上に

static final int TAPS_TO_BE_A_DEVELOPER = 7;

とそのまんま記載されているのでこれが原因です。
 
この喜びをもう一度味わうべく
設定から開発者向けオプションを消したい場合はどうすればいいかというと
STEP1 設定 → アプリ → すべてのタブで『設定』というアプリケーションを選択
STEP2 データを消去します。(当然ほかの設定情報も消えます)
 
何か、もっといい方法があってもいいのですがほかには用意されていないようです。
ということでプログラムで組めないか探してみると、
ここのソースを見た感じでは以下の部分を組み込めば設定できそうです。

getActivity().getSharedPreferences(DevelopmentSettings.PREF_FILE,
                            Context.MODE_PRIVATE).edit().putBoolean(
                                    DevelopmentSettings.PREF_SHOW, false).apply();

 
あまりメリットはないのでアプリにはしていませんが、作成したいひとはご参考ください。
 

『 あれ・・・?  『提供元不明アプリ』の設定ないとまずくないか』

いままで開発経験がある方ならおかしいと気がつくはずです。
※これが無効になっていると、Android Market経由以外からapkファイルを端末にインストールできません。
つまり、開発中のアプリを端末中で実行する事ができません。
 
『提供元不明アプリ』についてはいつも通りの場所にあります。
 
設定 → セキュリティ → 提供元不明アプリ にチェックを入れます。
※「セキュリティとロック」と記載されている場合もあります。
 
最後に『USBデバッグ』の設定を忘れない。
 

設定 → 開発者向けオプション → USBデバッグ

にチェックを入れましょう。
 
これで開発端末に設定する事ができました。
 
最後に設定するアプリを自作したいひと向けに
設定画面を作るソースコードを公開します。
 
まず、Manifest.xmlに以下を定義しましょう。

<activity
    android:name="DevelopmentSettings"
    android:label="@string/development_settings_title">
    <intent-filter>
        <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
        <action
            android:name="com.android.settings.APPLICATION_DEVELOPMENT_SETTINGS" />
        <category android:name="android.intent.category.DEFAULT" />
    </intent-filter>
</activity>

そして、Activityでは下記の用にインテントを飛ばせば設定画面に直行できます。

startActivity(new Intent(
    android.provider.Settings.ACTION_APPLICATION_DEVELOPMENT_SETTINGS));

 

おまけ:xperia z1fでのスクリーンキャプチャの取り方

「電源キー」+「音量キー(小)」の同時長押しでキャプチャはとれます。
Android4.2
 
以上です。
 
参考になれば幸いです。

About the Author

dhmo
Author:DHMO(ディベロッパー名) 仕事では自社サービス・メディアの開発を行ってます。 趣味でAndroidアプリ製作を行っています。 カラオケではランキングバトルにはまっております。 Mail: dihydromooxide7@gmail.com 

Be the first to comment on "【Android4.2】xperia z1fで開発者向けオプションを設定する意外な方法|設定用のアプリ公開しています。"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*