Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74

Warning: include(): Failed opening '/home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-content/advanced-cache.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.4/lib/php') in /home/users/2/lolipop.jp-a-virtual/web/dhmo/dhmo/wp-settings.php on line 74
【Android開発】is translated here but not found in default localeは一瞬で直る|リソース系のエラーは分かりにくい – Androidアプリつくったった

【Android開発】is translated here but not found in default localeは一瞬で直る|リソース系のエラーは分かりにくい

resource_error

リリースする時に分かる隠れエラー

resource_error
アプリケーションができたから早速リリース作業をしようと
Androidツール⇒Signed Application package・・・としたところで
 
いきなり警告が、出てきました。
内容としてはリソースにエラーがあるから実行できません。と
 
 
さっきまでなかった赤いエラーマークが、
String.xml(言語リソース)か。
 
見てみると、
 

is translated here but not found in default locale

 
 

エラーの意味通りで解決するとは限らない

たまにelipseさんのガイドに従って修正し
よりややこしい状態にする人がいます。
 
なるほどデフォルト側に項目が足りなかったと言うやつか
※通常デフォルト側に足りないと出てくるエラーです。
逆にvalues-jaの方が少ない分にはエラーは出てきません
 
いや、足りてる。
 
クリーン、実行  ⇒ エラー直らす(--〆)
 
切り取り貼り直し ⇒ なおった!
 
リソースがうまく読まれていない場合は『貼り直す』という一手も
知っておきましょう。
 

Incorrect line ending: found carriage return (\r) without corresponding newline (\n)

は以前の記事で紹介したが
解決策は何と  Ctrl+Shift+F でフォーマット
(MacOSXの人はCommand+Shift+F でOK)
 
リソースの場合は単なる割り当てがうまくいっていない
と言うことも十分に視野に入れながら、エラーに対応していきましょう。
 
以上です。

参考にあれば幸いです。

About the Author

dhmo
Author:DHMO(ディベロッパー名) 仕事では自社サービス・メディアの開発を行ってます。 趣味でAndroidアプリ製作を行っています。 カラオケではランキングバトルにはまっております。 Mail: dihydromooxide7@gmail.com 

Be the first to comment on "【Android開発】is translated here but not found in default localeは一瞬で直る|リソース系のエラーは分かりにくい"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*